DENT@MUSE(デント・ミューズ)
MENU

国分寺市国立駅徒歩5分にある、あなたの街の歯医者さんDENT@MUSEです

あなたの街の歯医者さん

ORAL SURGERY

口腔外科

MEDICAL口腔外科

歯の疾患が原因であごや顔全体に渡って発生した疾患や、腫瘍、顎関節症などの処置、親知らずの抜歯などを行うのが口腔外科です。歯だけに関わらず、口周辺の不具合全般を相談できます。外科的な処置はもちろん、口臭や神経性の疾患など、内科的疾患も診療対象となります。口腔外科では、患者さんの口やあご、顔の悩みや不具合が解消し、生き生きと健康的に生活できる状態を整えることを目指しています。

親知らず

親知らず

親知らずは上下の歯の一番奥にある大きな歯を指しますが、誰にでもあるわけではなく、生まれつき親知らずがない人もいます。また、歯茎の奥に潜ったまま生えてこないこともあるため、親知らずがあるかないかはレントゲン撮影をしないと分かりません。親知らずは正常に真っ直ぐ生えて虫歯にならなければ問題ありませんが、傾いて生えて隣の歯を押し、痛みが出たり、虫歯になったりした場合は抜歯が必要です。抜歯は手術になるため、診察してすぐ抜歯、ということはあまりありません。奥歯のさらに奥が痛い、違和感があるという場合は、一度ご相談ください。

抜歯

抜歯

歯槽膿漏や虫歯が進行したり、歯の根が割れてしまったり、炎症を起こした場合などに抜歯をします。また、歯列矯正を行う際、並べる歯に対して顎が小さ過ぎる場合も上下の歯を抜いてバランスを整えることがあります。それだけでなく、親知らずが斜めに生えている、他の歯を押して痛みがあるなど、悪い影響を与えると判断された場合も抜歯の処置をします。抜歯の方法や手術のスタイルはさまざまです。不安や疑問は遠慮せずご相談ください。
また、症状により当院での治療が困難と診断した場合、東京都立多摩総合医療センター口腔外科をご紹介させていただきます。

顎関節症

顎関節症

顎関節症になると、口を開けるときや閉じるとき顎関節からカクンという音がし、痛さで口が開けにくくなります。また、口だけでなく肩こりや腕、指が痺れる、頭痛がする、耳や鼻がおかしいという症状が出ることもあります。顎関節症になる原因はいろいろです。噛み合わせのアンバランスやストレスのほか、頬杖や睡眠時の姿勢、日常生活の癖が原因で片側の頬に力がかかりすぎていることが考えられます。顎関節症は生活習慣を変えることで症状が軽くなりますし、マウスピースをはめて噛み合わせのアンバランスを整える方法も有効です。口が開きにくい、痛みを感じるという場合、早めに歯科医師に相談しましょう。

また、口腔外科の症状で当医院での治療が困難と診断した場合、東京都立多摩総合医療センター口腔外科をご紹介させていただきます。