DENT@MUSE(デント・ミューズ)
MENU

国分寺市国立駅徒歩5分にある、あなたの街の歯医者さんDENT@MUSEです

あなたの街の歯医者さん

PEDODONTICS

小児歯科

MEDICAL小児歯科

小児歯科

0歳~15歳までの子供を対象とした歯科です。この時期は歯が生え変わるタイミングでもあり、口の中は終始変化しています。その変化に合わせた治療を行い、口の中の健康に対する意識を高めるため、適切な歯磨き指導をして予防を習慣づけることも大切です。まだ上手に歯磨きができない小さなお子さんには、フッ素を塗布する、歯の溝にシーラントを埋めるなどの方法で、虫歯になりにくい環境を作ってあげることもできます。

虫歯になりにくい口にするために

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいないと言われています。虫歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通じて周囲の大人からお子さまのお口に虫歯菌が移り、虫歯に感染してしまいます。

虫歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間です。この1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、お子さまと同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない等のお口のスキンシップを控えることで、成長した時の虫歯の本数を少なくすることができます。

お子さまの虫歯予防のためにできること

  • 歯磨き指導
  • フッ素塗布
  • シーラント

また、当医院では、乳歯・永久歯にも歯質強化型予防治療を推奨しております。特に子供の歯から大人の歯に生え変わったばかりの永久歯はまだ表面が柔らかく虫歯になりやすい性質を持っています。当院で推奨している歯質強化型予防治療を施すことにより歯が強化され、ご自身の歯自体にお口の中の菌が出す酸に対抗する耐酸性が備わります。

しかし、これで虫歯にならなくなったわけではありません。大切なのは毎日のPOICホームケアによる歯磨きと砂糖を控える食生活がとても重要です。当医院の歯質強化型予防治療とPOICホームケアで虫歯や歯周病にならず、健康な歯を維持しましょう。