DENT@MUSE(デント・ミューズ)
MENU

国分寺市国立駅徒歩5分にある、あなたの街の歯医者さんDENT@MUSEです

あなたの街の歯医者さん

PERIODONTAL DISEASE

歯周病・予防歯科

MEDICAL歯周病

歯周病

歯肉や歯根、歯槽膜、セメント質といった、歯の周辺組織に炎症が起きている状態が歯周病です。歯周病は痛みの自覚症状がないまま進行します。放置すると最終的に歯がグラグラして噛めなくなり、歯が抜けてしまいます。国民の7割が歯周病になっていると言われていますが、きちんとケアすることで症状は改善できます。自分の歯を長く守るためにも、定期的に歯科で検診を受けクリーニングしてもらう、正しい方法で歯磨きをして歯周病にならないよう予防するといった対策が必要です。

歯を磨くと血が出るのは、歯周病の初期症状のサインです。虫歯と同じく歯周病にも段階があり、歯肉炎、軽度歯周炎、中等度歯周炎、重度歯周炎、最後には歯を支える骨がなくなってしまい歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行

歯肉炎
歯肉炎

初期の歯周病である歯肉炎。健康な歯肉に汚れがたまり、これを歯みがきをしないで放置してしまうと歯肉溝が深くなり、さらに汚れ(プラーク)がたまり安い状態になります。

軽度歯周炎
軽度歯周炎

汚れがたまり、歯肉溝が深くなった「歯周ポケット」といわれる状態に進行します。こうなると歯茎がむずがゆくなったり、歯茎がプヨプヨしてきます。この段階では歯周病でも軽度なので適切なケアで回復することが出来ます。

中等度歯周炎
中等度歯周炎

さらに、この状態を放置してしまうと炎症が強く広がり、歯茎の色も赤黒く腫れぼったくなってしまいます。この段階では外からは見えませんが、歯を支える骨が徐々に溶け始めます。また、歯が揺れてきたり、口の中がネバネバして来たり、口臭がひどくなってきます。この段階では、適切な口腔ケアでは回復することが困難になり、専門的な治療が必要となってきます。

重度歯周炎
重度歯周炎

さらに進行してしまうと、レントゲンで歯を支える骨が減っているのが確認できる状態になります。歯と歯の隙間も目立つようになり、歯茎からは膿や血が出て、口臭は一層強くなります。そして、歯がグラグラになりものが噛みにくく、しゃべりづらくもなります。そして最後には歯が自然に抜け落ちてしまいます。

MEDICAL予防歯科

人間の歯は多くの人が80歳までに多数の歯を失っていると言われています。
近年、日本においても予防を重視した歯科医療は広まりつつあり、歯科医院の役割は、治療から予防へと徐々に変化しています。
生涯にわたって健康な歯を維持していただくために早期発見・早期治療を心掛けることはもちろん、いかに日々の生活の中でしっかりケアし、定期的に予防することができるかが重要になってきます。
虫歯や歯周病の予防のために、衛生士による丁寧なクリーニングで歯石や歯垢を除去し、虫歯になりにくい状態に口腔内を整えます。その上で歯磨き指導を行い、患者さんごとに歯磨きしにくい部分、磨き残しがある部分を伝え、どうすれば上手に磨けるかをお伝えします。

PMTC

PMTC

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的な口腔の掃除」という意味になります。歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、自分ではケアしにくいところや、歯面に付着したバイオフィルム、タバコのヤニなどを徹底的に掃除し、歯面をきれいにします。

歯磨き指導

歯磨き指導

口の中は外から見えにくく、また、鏡を使っても見えない部分がたくさんあります。そのため、自分ではきちんと歯磨きができていると思っていても、実は磨き残している部分がたくさんあることが珍しくありません。全体をきれいに歯磨きできていないと虫歯や歯周病になりやすくなるため、歯科医院では衛生士による歯磨き指導を行っています。歯磨きの仕方も時代が変わるとともに進化しているため、自分では正しいと思っている歯磨き方法が、実は古いやり方だったということもあります。定期的にクリニックを訪れ、歯磨きの指導を受けることで、虫歯や歯周病を防ぐことができます。

当院の歯肉炎や歯周病に対する治療(歯のクリーニング)

当院では毎日お家で行うホームケアとしてタンパク分解型除菌水のPOICウォーターとポリリン酸のジェルを使い、POICホームケアを患者さんにお教えいたします。POICホームケアをすることにより、歯周病や虫歯をふせぎ、健康な体を維持していただきたいと思います。

歯のクリーニングは徹底的に歯垢(プラーク)・歯石を取り除きます。「スケーリング・ルートプレーニング」という作業です。超音波スケーラーと呼ばれる器具を使い、歯面や歯周ポケットの浅い部分に付着した歯垢・歯石を除去します。
歯のクリーニング、治療中はPOICエコウォーターによる連続殺菌消毒治療を行いますので安心安全な治療をお受けいただけます。(治療中の菌血症を防ぎ、院内感染の心配はありません。

POICウォーター

POICウォーター
概要

POICウォーターは純度の高い水(RO水)と高度に精製された塩(ローブロム塩)のみを原料に専用の装置で電気分解して作成される次亜塩素酸水です。薬品ではないので副作用はなく安心して使用いただけます。
歯周病菌や虫歯菌はバイオフィルムというたんぱく質の鎧に包まれているので、POICウォーターにより、たんぱく汚れや油脂汚れを分解洗浄し、直接次亜塩素酸が細菌に作用することにより、虫歯や歯周病の原因菌を除菌できます。
お口の中を洗浄除菌して細菌感染の機会を減らすため、デント・ミューズでは治療に入る前にまずPOICウォーターでお口をゆすいでいただきます。
同じようにホームケアにおいてもまずお口をPOICウォーターでよく洗口していただくことで、プラークを落としやすくなり、除菌もできるため、虫歯や歯周病の予防ができます。

特徴
  • 有効残留塩素濃度500ppm、PH9弱アルカリ性のタンパク分解型除菌水。
  • 超純水とローブロム塩のみを電気分解して作られる。
  • 薬品を使用していないため、安全性が高く、副作用は極めて少ない。

オーラループ4+

オーラループ4+の主成分である「ポリリン酸」が歯茎のコラーゲン線維を再生させ、緩やかな抗菌力を持続し、オリゴ糖カルシウムが唾液の中のカルシウムイオンを歯の表面に集めて歯を強化します。さらに配合された塩化マグネシウムが抗菌効果や細胞を活性化させます。このことで、歯や歯茎を健康な状態に整えます。
また、オーラループ4+にはフッ素や界面活性剤、発泡剤などが含まれていないので安心して使用できます。研磨剤も含まれないので歯の表面を傷つけません。

POICホームケアの効果的な流れ

01.洗口・ブラッシング

POICウォーターで徹底洗口し(約20秒間)、少しPOICウォーターをお口に含んだまま歯ブラシでブラッシングする。

02.口をゆすぐ

一度水でPOICウォーターの味がなくなるまで口をゆすぎ、歯ブラシをきれいに洗う。

03.オーラループ4+の塗布

オーラループ4+を歯と歯茎に刷り込むように優しくブラッシングする。オーラループ4+には有害な成分は含まれておりませんので、そのままゆすぐ必要はありません。成分を歯や歯ぐきに浸透させたいので、20〜30分程度飲食はしないでください。

左:POICウォーター 右:オーラループ4+

左:POICウォーター 右:オーラループ4+